明日のために その8 正の適応と負の適応

【 継続性の原則 】
運動が健康に良いのは、誰もが知るところ。
(反対の意見の人もいるのでしょうけど。。。)
重要なのは、運動を続けること。
トレーニングの原則のひとつに「継続性の原則」というものがあります。
続けて行ってこそ、効果が現れると言うことです。
あるいは、続けないと効果が出ません。

【 人は適応する 】
人は、その環境や条件に適応する生き物です。
日常的に身体を動かしている人は、動ける身体に適応しますし、
動かしていない人は、動けなくなる。
私は、前者を「正(プラス)の適応」と呼び、後者を「負(マイナス)の適応」と呼んでいます。
「正(プラス)の適応」は、身体能力が進化または維持できる。
一方「負(マイナス)の適応」は身体が退化すると言っても過言ではない。

  体側を伸ばすストレッチ

【 理想は自分で運動を継続 】
ご自身で、必要な運動を必要なだけ日常に取り入れるのが理想。
1日に5分でも10分でも良いと思います。
やり方が解らない、何をしたら良いのか解らない方は、ご相談ください。
PUREFITTの健康運動のご相談窓口はコチラです。

日常に少しずつ、毎日に少しだけ運動習慣を。
人生の後半戦に向けて、ハーフタイムケアのPUREFITT