PUREFITTのパーソナルトレーナー 渡辺 純です。
現在、私は52歳。いわゆるミドル世代です。
体調は、すこぶる良好!元気いっぱいの日々を過ごしています。
毎日、少しずつストレッチング、筋力トレーニング、ランニングなどで身体を動かしています。
特にストレッチングをすると、その日の調子が解ります。身体は毎日違いますからね。
肩関節のダイナミックストレッチは重要視しています。

肩関節のダイナミックストレッチ
【 肩関節のダイナミックストレッチ(ローテーション)】

とは言え、何かの拍子に古傷が痛むことがあったり、
「あれ?今日は動きにくいぞ。」と言う日もあります。

皆さんも、そのように感じる事があるのではないでしょうか。
怪我ではなくても、少し身体が固い、動くと痛みが出る、でも病院に行く程でもない、
などの「ちょっとした不調」を抱えている方が多くなって来る世代と思われます。

肩痛 腰痛
【 肩痛や腰痛のイメージ 】

これらの原因のひとつに、“動かなさ過ぎ” によるケースが多々あります。
身体を動かさない、使わない事によって、衰えてしまう。機能が失われてしまう。
これを“廃用性萎縮”と言います。
これは多くの場合、運動で改善できます。私は何人も見て来ました。
適度な筋力トレーニングと的確なストレッチング。これらの組み合わせがとても重要です。

特に、肩の関節には効果的です。
失われた「筋力」と「柔軟性」。これらを整えれば、大いに動きが変わり、快適な日常動作が行えるでしょう。
まずは。ご相談ください。

パーソナルトレーニング1回50分/¥8,000(税込¥8,800)
詳しい価格はコチラから

運動を始めて ①「血糖値が正常になった」(40歳代 男性)
食生活の乱れと遺伝的要素もあり、20代で糖尿病と診断されて治療、入院も経験し、改善のために運動を開始。今では、薬を飲まなくても血糖値が正常値を維持できています。

トレーナーから一言:筋力トレーニングを中心に、普段もなるべくランニング、慣れて来てからは短いダッシュを取り入れました。
血糖値が高いのなら、糖をエネルギーとして使ってしまえば良い。そのために、少し強度が高めの運動を行いました。約6ヶ月で改善されました。

ベンチプレスで上半身のトレーニング
【 ベンチプレスで上半身のトレーニング 】

運動を始めて ②「腰痛が改善された」(50歳代 女性)
姿勢にクセがあり、慢性の腰痛に悩まされていた。整体などに行ったが、一時的に楽になるものの、再発するという繰り返し。

トレーナーから一言:アンバランスな筋肉の状態が腰痛を引き起こす原因でした。そこで、固くなっている股関節前面と背中・腰の筋肉を整体マッサージとストレッチングで弾力を取り戻し、ウィークポイントの腹筋群と下半身後面を筋力トレーニングで強化。約2ヶ月で整いました。

クレイドルエクササイズ
【 クレイドルエクササイズ=腹筋の運動と背中のストレッチ 】

運動を始めて ③「身体が固くなっている事に気付いた」(50歳代 男性)
デスクワークで座り過ぎ、運動不足を自覚していたのですが、何をして良いのか解らなかった。自分では続かないと思い、パーソナルトレーニングを始めました。

トレーナーから一言:椅子に座っている時に、いつも同じ脚を同じように組むので、身体にその癖が付いてしまって歪んでいました。
どうしても、日常では同じ姿勢が多くなります。そこで、普段行わない動作の色々なストレッチと整体ストレッチに多くの時間を割きました。姿勢が随分変わりました。

股関節の整体ストレッチ
【 股関節の整体ストレッチ 】

体験トレーニングのお申し込みは下記フォームから