明日のために その4 肥満は万病の元!

【 肥満はなぜ良くないのか 】
太っている。体重過多。肥満。
見た目からの観点もありますが、やはり健康にもよろしくない。

肥満がなぜ良くないのか。
その理由は、様々な疾患の原因になりうるからです。
高血糖、高血圧症、高脂血症などから動脈の硬化。そして糖尿病、狭心症、心筋梗塞などの心
臓の病気、脳卒中。。。

【 メタボリックドミノ 】
下図は、慶應義塾大学 伊藤裕教授が作成した「メタボリックドミノ」。
様々な疾患の大元が肥満にあり、その肥満の原因は生活習慣から来る事をよく表した、
素晴らしい図だとと思います。(初めて目にした時は感動すら覚えました!)

生活習慣が肥満の原因である事は納得できると思います。
(もちろん遺伝や体質的なものもあるでしょう。)

【 考える食事 】
食習慣については、現在の環境や生活スタイルを考慮した食事をすると良いでしょう。
10代や20代とは違っているはずです。
好きなものを好きなだけ食べている食事では、身体が付いて行っていないのかも。
早食い、大食い、偏食からは卒業ですね。

運動習慣については、出来る事を続ける事が大事ですね。
健康診断の数値が気になるなら、表参道 ピュアフィットへ。






明日のために その3 摂り過ぎた糖は使ってしまおう!

【 怖いのは合併症 】
死因リスクの第3位は、「高血糖」。日本の糖尿病患者と予備軍を合わせて約2000万人と言われます。
食事をすると血液中に糖が増え、インスリンによって体内に取り込まれます。ところが、過剰な糖摂取により慢性的に血液中の糖が多過ぎる状態(=高血糖)が糖尿病。血中の糖が多過ぎると動脈の硬化が進み、様々な疾患の原因となる。さらに進行して、三大合併症になるのが怖いですよね。

三大合併症
①神経障害 → 手足の壊疽 → 切断
②網膜症 → 失明
③腎症 → 腎不全 → 人工透析

【 糖はエネルギー源 】
糖は身体(筋肉)を動かす際のエネルギー源です。ですから体内の糖を、なるべく使ってしまえば良い。運動はもちろんですが、日常生活の中でも工夫次第で使う機会が作れる。例えばすぐにタクシーを使う人も、10分位なら歩く。エレベーターやエスカレーターよりも、3階程度なら階段を使う、など。

下記のグラフは、「自動車の保有台数と糖尿病患者数」です。見事にリンクして増加いますね。

自動車の保有台数と糖尿病患者数(公益事業財団 健康・体力づくり事業財団)

つまり、自動車に乗るため、人は歩かなくなった。
だから、血中の糖が使われず余ってしまう。結果、糖尿病の患者が増えた。

【 特に筋力トレーニングは有効 】
運動のなかでも、主に糖を使う、中~高強度の筋力トレーニングがお勧めです。
近年では、糖尿病患者を診る病院でトレーニングジムを併設している施設が増えています。
食事療法や薬物療法だけでなく、運動療法も有効なのです。
もし、高血糖が心配であるならば、筋力トレーニングも始めてみてはいかがでしょうか?

健康診断の数値が気になるなら、表参道 ピュアフィットへ。



明日のために その2 朝の血圧を管理しよう!

【 高血圧のリスク 】
高血圧が、死亡のリスクとなる疾患の1位である事は、前回の「その1」で書きました。
日本には約4300万人の高血圧患者がいて、これは成人2人に1人に当たります。
結構多い印象ですよね。

誤解を恐れずに言うと、「血圧が高い」事そのものが問題なのではありません。
血圧が高いと、動脈の硬化など血管に障害を起こし、そこから脳血管疾患心疾患に至る事が怖いのです。
血圧が2mmHg下がると、脳血管疾患のリスクが8%、心疾患のリスクが8%低下すると言われます。
正常な血圧を維持したいですよね。

さらに、脳梗塞は朝に多く発生しています。血圧は1日の中で変動していて、夜は低くなり、活動に備えて睡眠中に上昇します。つまり朝に高くなりやすいので、リスクを発見しやすいのです。
(参考:家庭血圧の目安 収縮期血圧が135mmHg未満、拡張期血圧が85mmHg未満)

(スマート・ライフ・プロジェクト サイトより引用)

【 運動の効果 】
血圧をコントロールするには、食事や禁煙などの生活習慣の改善、薬による治療。そして運動も良く聞かれます。
運動することで、血管の軟らかさ(血管弾性)を保ち、その結果、動脈の硬化を防ぐ事に繋がります。
これまでは有酸素運動が有効とされて来ましたが、強度の高すぎないレジスタンス運動にも効果が見られます。
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がなかなかできないと言う人は、お家で軽めの筋トレなどを行うのもお勧めです。
血圧が気になる方は、無理し過ぎない程度に実施してみてはいかがでしょうか。

健康診断の数値が気になるなら、表参道 ピュアフィットへ。


明日のために その1 生活習慣を見直そう!

パーソナルトレーナーの渡辺からミドルシニアの皆様へ、
いつまでも健康でい続けるためのちょっとした情報を
「明日のために」と題してお送り致します。

まずは、その1 生活習慣を見直すべし!
世界保健機関(WHO)が2009年に発表した
「死亡や医療負担の要因となる疾患」の上位は、
1位  高血圧
2位  喫煙
3位 高血糖
4位 運動不足
5位 過体重・肥満
6位 高コレステロール
となっています。

先天的な場合を除くと、生活習慣に関連すると言えるでしょう。
ご自分に当てはめてみて、いかがでしょうか?
気になる項目はありませんか?

運動は「喫煙」を除く全てを改善できる可能性が多いにあります。
実際に、私のジムで改善した人は複数人います。

もし、気になる項目を抱えていたら、運動を始めてはいかがでしょうか?
ポイントは習慣です。運動習慣食習慣生活習慣
そして健康習慣!

健康診断の数値が気になるなら、表参道 ピュアフィットへ。