50代のピラティス

50歳位の年齢になると、
体力が低下して来る人が少なくない。
ある筋肉が衰えて来ると、それを別の筋肉で補おうとする。(代償作用)
すると、その筋肉に余計な負荷が掛かってしまう。
結果として、機能的な動きができなくなってしまう。

ピラティスには、そのようなトラブルを改善させる効果があります。
使うべき部位にきちんとアプローチするメソッドです。
ピュアフィットでは「動作の最教育」として、ピラティスを取り入れています。

楽な運動で大きな効果?

「楽に痩せられます!」
「楽な運動で見違える身体に!」
などの文言を時々(頻繁に?)見かけます。
商売的には、目を引くフレーズなのだと思います。

しかし、運動の効果は行ったようにしか効果は表れません。
つまり、キツい運動をすれば、効果も大きい。
キツくない運動であれば、効果も小さい。
これは運動の基本的な原理です。
「楽な運動」の効果は、どれ位のものでしょうか?

アームカール

もちろん、やり過ぎ、強過ぎは逆効果なので、
そこは ” 適度 ” な強度設定が絶対です!これは重要!

50代のあなたに ” 適度 ” な運動をデザインするパーソナルジムPUREFITT

衰えやすいのは、この筋肉

筋肉には、大きく「速筋」と「遅筋」とに分類されます。
「速筋」は、その名の通り速い動作や力強い動作の際に動員されます。
全力疾走や、すばやい動きが得意です。
「遅筋」は、速い動作や強い力を発揮するのは苦手ですが、
持久力があり、疲れにくいと言う特徴があります。
普段の歩行や姿勢の制御など、日常でいつも活躍しています。

衰えやすいのは、「速筋」の方。

つまり、「遅筋」は日常でいつも使っていますが、
「速筋」の出番が少なくなっているのが原因のひとつかも知れません。
そして「速筋」の方がエネルギーをたくさん使うので代謝も高い。
トレーニングで発達しやすいのも「速筋」です。

と言うことで、「速筋」を衰えないようにしたい。
その為には、やはり筋力トレーニングが必須です。
力強い動作、すばやい軽やかな動作を維持したいから。

筋力トレーニング

50代からのパーソナルトレーニングは、PUREFITT
もちろん「遅筋」も大事ですよ!


「足首が固い」はストレッチで

50代の位の年齢になると、
足首が固くなっている人がいます。
ふくらはぎの筋肉の弾力が失われているのです。
進行すると、足底筋膜炎などになりかねない。

対策は、ストレッチ。
いわゆる「アキレス腱伸ばし」です。

ふくらはぎのストレッチング

ふくらはぎストレッチのポイント
①つま先を前方正面に向ける。
②踵を床に着ける。
③膝を伸ばす。
このまま、ゆっくりと身体を前方に倒すと伸ばせます。
両手で壁を押しながら行うと、よりストレッチできます。

やってみると固くなっている事に気付くでしょう。
少しずつでよいので、毎日行うことをおすすめします。

ストレッチも大切にするパーソナルジムは、PUREFITT。

柔軟性が低下しています

年齢を重ねて、筋力が低下してしまうのは、
何となく自覚があると思います。

同時に、柔軟性も低下しているのは、あまり自覚が無いかも知れません。
「身体が固い」とか、「肩が動かしにくい」と思ったら、
ストレッチで改善しましょう。

サイドアーチストレッチ

ストレッチは気持ち良く伸ばすリラクゼーション効果もありますが、
立派な柔軟性のトレーニングです。
やり方ひとつで、効果も向上します。
パーソナルトレーニングジムPUREFITTは、
ストレッチもおすすめしています。

筋ポンプ

筋肉の役割は、身体を動かす事だけではありません。
筋肉が収縮したり弛緩する事で、血管を押したり放したりして
血液の流れを促しているのです。

筋ポンプ
(図:「NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識」より)

これが筋肉のポンプ作用です。
同じ姿勢が長時間続いていると、筋肉が血管をギュツと圧迫したまま。
肩や首の凝り、ふくらはぎがむくみは、
血行不良が原因のひとつ。
身体=筋肉を動かす事で、血行を促進し、これらが緩和されます。

いわゆる筋トレではなくても、
定期的に身体を動かす事が、体調を良く保つ秘訣ですね。

体調を整えるパーソナルトレーニングジム PUREFITT

お腹を引っ込めるには

50代の人の中には、「お腹が出てきて・・・」と気にする方も多いですよね。
クランチやシットアップなどの腹筋トレーニングを一生懸命に行ってみたり。

それよりも、”腹横筋” を強化すると効果的です。

腹横筋 インナーマッスル

いわゆるインナーマッスルのひとつで、腹部の深層にあります。
簡単に言うとお腹を引っ込めておく筋肉。
お腹を凹ませていれば使われる筋肉です。
この筋が弱くなると、お腹が出てしまうのです。

この筋は、例えば背もたれに寄り掛かって座っていると緩んでいます。
使わなければ、結果として衰えてしまう。
お腹を引っ込める事が、トレーニングになります。
常にお腹を凹ませておくように、心掛けましょう!

インナーマッスルから身体を作るパーソナルトレーニングジム ピュアフィット

「睡眠の質は大丈夫ですか?」

当社も参画している厚生労働省の「スマートライフプロジェクト」から、
睡眠に関するコンテンツが本日公開されました。

「寝ても疲れがとれないなら要チェック!
あなたの睡眠の質は大丈夫ですか?」

健康のためには、運動、栄養、休養(=睡眠)が大切と言われます。
このコンテンツでは、睡眠の悩みを解消する方法や
ぐっすり眠ってすっきり目覚めるためのコツなどがご紹介されています。
気になる方は、ご覧になってみてください。

良い睡眠のためには、運動も重要です。
50代からのパーソナルトレーニングはPUREFITTで。
お気軽にご相談ください。

50代は素早い動きのトレーニングも

筋肉には、「遅筋」と「速筋」があります。
「遅筋」は、持久力に優れています。
そんなに強い力はないけれど、長い時間使う事のできる筋肉です。
日常の姿勢維持や歩行などで主に動員されています。

一方「速筋」は、大きな力、強い力を発揮する時や、速い動作の際に動員されます。
重たい物を持ち上げたり、50m走などがそれに当たります。

加齢や運動不足で衰えやすいのは「速筋」。
ですから、ジムでは重量負荷を掛けたウェイトトレーニングを行っているのです。

「速筋」のためのトレーニングは、重量負荷だけではありません。
スピードを伴う「瞬発力」のトレーニングも重要です。
ジャンプやダッシュなど。
ピュアフィットでは、例えば下の写真のように、
キックボクシングの動作で「瞬発力」のトレーニングを行っています。

キックボクシング

50代からは、衰えやすい「速筋」のトレーニングも重要です。
素早い動きが苦手な方、お気軽にご相談ください。

腰は曲がっています

人の背骨(脊柱)は、S字状にカーブしているのが自然です。(生理的湾曲)

脊柱の生理的湾曲

腰は前側にカーブしています(前弯)。
しかし、日常生活では背中が丸まっている姿勢になりやすい。
特に椅子に座っている時など。
これは、腰椎の前弯を徐々に失う方向へと進んでしまいます。

猫背のビジネスマン

生理的湾曲が崩れた姿勢が、慢性的な腰痛を招く原因に。

背骨(脊柱)を支える腹筋群と背筋群が衰えると、
正しい姿勢(脊柱の生理的湾曲)を作る事も難しくなります。
腰痛の対策に筋力トレーニングが有効なのは、
この湾曲を保つことにあります。

身体の持つ本来の機能を取り戻すパーソナルトレーニング
ピュアフィットです。